Facebookページにて最新情報更新中!「いいね!」で情報をGET!!


ガレージSMC

Facebookページも宣伝


2012年01月12日

マツダ デミオ(2代目・DY) ブレーキパッド交換

タイヤ交換と同時にブレーキパッド交換を実施。

マツダ車ってちょっと特殊な工具が必要なことが多くて、この2代目デミオもシャーシのフォードと共同開発だったせいか、ブレーキのキャリパーを外すときに7mmの六角レンチが必要です。
通常、ホームセンターなどで数本セットで売られているものには当然入っていません。
DIYで挑戦しようとしている方は、事前にご準備下さい。

まずは、キャリパーにパッドを留めているような針金が付いているので、それを外します。
プライヤーなどシッカリ挟めるものがあると作業がスムーズです。

その後にキャリパーを外してブレーキパッドを外します。
新品と比較するとこんな感じです。

マツダ デミオ(2代目・DY) ブレーキパッド交換

上が新品で、下が車両より取り外したものです。
ここまでキッチリ使い込んだものはなかなか見かけませんね^^;
ローターを削るギリギリ手前です。

あとは逆の手順で、ブレーキパッドを戻して、キャリパー戻して、針金戻して、ホイールつけて、フットブレーキを何回か踏んで作業終了。

よく、ブレーキパッドの交換時期はいつですか?なんて聞かれますが、乗り方によって変わってくるので、距離や期間じゃなくて、定期的に点検することを心がけるようにしたほうがベストです。

p.s.
ブレーキパッドなどの車にとって重要な項目に当たる部品など(重要保安部品)の交換作業など(分解整備)は整備士資格を持った「人」ではなく、分解整備事業として国土交通省から資格(許可)を与えられた「認証工場か指定工場」でしか請け負うことができません。
数年前の法令改正により、自分の車を自分で整備するのであればそのままでも問題はありませんが(点検整備記録簿へ整備の概要を記載することは必須)、お友達や知人に分解整備作業を行ってもらうと(有償、無償に関わらず)道路運送車両法違反となりますのでご注意下さい。



同じカテゴリー(自動車修理)の記事画像
ホンダ エアウェイブ GJ1 アイドリング不調につきプラグ交換
ニッサン キューブ Z11 ニュートラルスタートスイッチ交換
ホンダ フリード GB3 エアコンコンプレッサー交換
ダイハツ ソニカ L405S/L415S ウォーターホースからの冷却水滲み
トヨタ MR2 SW20 オルタネーター交換
ホンダ ストリーム RN3 ラジエーター交換
同じカテゴリー(自動車修理)の記事
 ホンダ エアウェイブ GJ1 アイドリング不調につきプラグ交換 (2020-02-09 14:09)
 ニッサン キューブ Z11 ニュートラルスタートスイッチ交換 (2020-02-03 12:03)
 ホンダ フリード GB3 エアコンコンプレッサー交換 (2020-01-28 13:28)
 ダイハツ ソニカ L405S/L415S ウォーターホースからの冷却水滲み (2020-01-16 13:16)
 トヨタ MR2 SW20 オルタネーター交換 (2020-01-10 13:10)
 ホンダ ストリーム RN3 ラジエーター交換 (2020-01-04 13:04)

Posted by ガレージSMC at 18:56│Comments(0)自動車修理
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。





お問い合わせはコチラ↓
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
削除
マツダ デミオ(2代目・DY) ブレーキパッド交換
    コメント(0)